中井町商工振興会会長ご挨拶



足柄上商工会中井支部支部長

中井町商工振興会会長

金子貴司

 

ようこそ中井町商工振興会のHPにお越し頂きましてありがとうございます。

商工会(しょうこうかい)は、商工会法(昭和35年法律第89号)に基づき経済産業大臣の認可を受けて設立された特別認可法人です。

この法律の下、足柄上商工会中井支部中井町商工振興会は、昭和35年12月5日に設立され、半世紀が過ぎ、次の50年に向けて動き出しております。

 この半世紀の間、先輩諸兄のご尽力により地元地域の総合経済団体として、地域内商工業者の経営の改善に関する相談とその指導、地域内経済振興をはかるための諸活動及び社会一般の福祉の増進に資することを活動目的に今日に至っております。

 今後も地元行政と連携し、地域振興に資する幅広い活動を行っていけるよう関係各位と協議を重ねながら、地域発展と小規模事業者支援に寄与していきたいと考えております。 少子高齢化が進み経営環境の変化のスピードが増す現在の社会に於いて地元商工会の果たす役割は非常に高まっております。地域の暮らしの維持を目的とするコミュニティビジネスや公共サービスの補完、地域活性化への取り組みと同時に小規模事業者支援の周知と支援強化を進め、中井町商工振興会は、行政との連携事業や、会員親睦事業を展開して発展してまいりました。

 特に近年は、地域活性化策として「里山なかい市」の定期開催や、中井町の里地・里山の原風景を守り・生かし、交流の里づくりを通じて、定住人口の増加策として「里山づくり」事業を開催し、都市間の交流事業を積極的推進してまいりました。

 国の地方創生事業と連動させながら、地域発展の為のこの事業を更に加速させ、中井町の良さを最大限にアピールし、中井町に来て貰い、住んで貰うべく「ウェルカム里山なかい」に積極的に取り組み、そしてその事が「会員の為になる・お客さんの為になる・地域全体にメリットがある」となるような三方良しを目標に、会員の事業環境の整備や、儲かる事業所づくりに為に積極的に事業推進を図っていきたいと思います。

 我々の地元中井町の持ち合わす地方の魅力を発信していく事を軸に 今後とも、微力ではありますが、中井町商工振興会の発展、地域経済の発展に全力を尽くしてまいりますので、ご助力、ご支援をお願い申し上げます。


 

平成27年5月26日



足柄上商工会中井支部支部長

中井町商工振興会前会長

加藤正人

 

ようこそ中井町商工振興会のHPにお越し頂きましてありがとうございます。

中井町商工振興会は、昭和35年12月5日に創立し、50年という大きな節目を過ぎ、54年目に入りました。この半世紀の間、先輩諸兄のご努力によって、地域の総合経済団体として、地域経済の発展に大きく寄与・貢献なされてきた事に対して、心より敬意と感謝を申し上げます。

このような長い歴史と伝統ある経済団体の会長に就任させて頂き、大変光栄に存じますが、その責任の重大さを痛感致しております。

 日本経済は、デフレ経済からの脱却を目指し、少しずつですが経済状態は良い方向に向いているように感じます。

又、3年前に発生しました、東日本大震災・原発事故は、未曾有の被害をもたらしましたが、依然として復興は道半ばであり、原発再稼働問題や、電力不足の不安、電気料金値上げ等数多くの問題を残しております。

さらに、本年4月より消費税が8パ-セントに増税され、私共中小零細企業は、価格転嫁が難しく、大変厳しい経済状態が続いております。

このような中、中井町商工振興会は、行政との連携事業や、会員親睦事業を展開してまいりました。更に、地域活性化策として「里山なかい市」の定期開催や、中井町の里地・里山の原風景を守り・生かし、交流の里づくりを通じて、定住人口の増加策として「里山づくり」事業を開催し、都市間の交流事業を積極的推進してまいりました。

今、中井町が抱える人口減少問題も、中井町商工振興会は、積極的に取り組み「会員の為になる・役に立つ・メッリトがある・入っていて良かった」を目標に、会員の事業環境の整備や、儲かる事業所づくりに積極的に事業推進を図っていきたいと思います。

 今後とも、微力ではありますが、中井町商工振興会の発展、地域経済の発展に全力を尽くしてまいりますので、ご助力、ご支援をお願い申し上げます。

 

平成26年4月1日